子どもたちの進度(中学受験の先取り学習)

子どもたちの進度をまとめています。

<目次>
1.親塾をはじめたときの学力(2018年12月)

・半年まで
2.子どもたちの進度(半年間のまとめ)

・息子
2−1.小2の息子の進度(親塾をはじめて1、2か月)
2−2.小2の息子、親塾をはじめて1、2か月で方向転換
2−3.小2の息子の進度(親塾をはじめて3〜5か月)
2−4.小2の息子、方向転換
2−5.小2の息子の実力は小4の偏差値50ほど(親塾をはじめて半年)

・娘
2−6.5歳の娘の進度(親塾をはじめて1、2か月)
2−7.5歳の娘の進度(親塾2〜5か月)
2−8.5歳の娘も予習シリーズ4年をはじめる(親塾をはじめて半年間)

・半年から1年
3.子どもたちの進度(半年から1年のまとめ)

・息子
3−1.中学受験の本格化!国語にも着手しはじめる(親塾をはじめて8か月)

・娘
3−2.ゆっくりと予習シリーズ4年上は進み、国語の勉強もはじめる(親塾をはじめて8か月)


親塾をはじめたときの学力(2018年12月)

2018年12月に本格的に親塾をはじめました。
そのときの子どもたちの学力です。

・当時小1の息子。
国語は壊滅的。1桁の足し引きしかできない。

・当時5歳の娘
ひらがな、カタカナはあやふや。指でかんたんな足し算ができる程度

ちなみに、妻の実家に連れていくと、義母が「お絵かき」「ひらがなのドリル」「マグ・フォーマー」などをさせていたそうです。ただ、遊びが中心なので勉強の時間はかなり少なかったと思います。

子どもたちの進度(半年間のまとめ)

親塾をはじめて半年間の進度です。
家庭学習をはじめたころとは、天と地ほどの差になりました。我ながらビックリです。

小2の息子の進度(親塾をはじめて1、2か月)

親塾をはじめて1か月ほどは国語の勉強にあてました。
具体的にはつぎの問題集とドリルをさせました。
ちなみに、小2に進もうと思いましたが、漢字がネックで先延ばししているうちに方向転換して国語は当面しないことにしました。

はじめての論理国語 小1レベル
1年生の文しょうの読解
1年生の文しょうの書きかた

その後は、教科書準拠ドリル、Z会グレードアップ問題集(小1)、最レべ(小1)などを解かせました。

(例1)グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形
(例2)グレードアップ問題集小学1年算数 文章題
(例3)最レベさんすう問題集小学1年―段階別

※ただ、最レベ(小1)は、予習シリーズ4年に切り替えたため、不正解のやりなおしの途中でやめました。

小2の息子、親塾をはじめて1、2か月で方向転換

親塾をはじめたころは、ネットで紹介されている問題集や参考書を買い漁って、何気なく解かせていただけでした。
(教えるスキルがあるので)市販の問題集を使って学習させると、効率や効果がかなり悪いことには気が付いていましたが、あまり深く考えていませんでした。

しかし、ある日、わたしの本気スイッチがはいりました。
そして、算数だけに絞り、教えかたやカリキュラムも構築しました。

その結果、効率や効果が劇的によくなって、だらだらと勉強時間だけが長い状態から、勉強時間は圧縮できました。
子どもたちへの負担も軽減できた次第です。

小2の息子の進度(親塾をはじめて3〜5か月)

<親塾をはじめて3か月>
・小6までの計算問題は終了しました。ただ、練度が低く、演習をしないと使い物にならない状態です。
・予習シリーズ4年上を教えはじめました(必須例題、基本問題、練習問題の一部)。

<親塾をはじめて4か月>
・予習シリーズ4年上はほぼ終わりました(必須例題、基本問題、練習問題の一部)

<親塾をはじめて5か月>
・予習シリーズ4年下はほぼ終わりました(必須例題、基本問題、練習問題の一部)

小2の息子、方向転換

算数を特訓しているからか、脳の発達かはわかりませんが、息子の理解力がかなりあがったので、ここで方向転換して、予習シリーズの練習問題も解かせることにしました。
また計算力の強化のために、小4計算練習800題を毎日コツコツと解かせることにしました。

小2の息子の実力は小4の偏差値50ほど(親塾をはじめて半年)

予習シリーズ4年上の練習問題から解かせはじめました。
途中、メルカリで過去問を購入して、自宅にて、浜学園の公開模試を2回、全国統一小学生テストを1回させたところ、偏差値50ほどの実力のようだとわかりました。
※参考:「小3で、偏差値60の中学の入試問題を解く(算数)」のカラクリ

ただ、病気やわたしの眼の手術など、いろいろとあって、計画よりも遅れてしまい、現在は、予習シリーズ4年下の練習問題を解かせています。

あとは、計算力の強化のため、小4計算練習800題を毎日コツコツ解かせています。

そのような中、息子の国語力のなさが算数の足を引っ張っていることが発覚して、国語の勉強をすこしさせるようになりました。

5歳の娘の進度(親塾をはじめて1、2か月)

ひらがな、カタカナがあやふやだったので、まずは、ひらがなやカタカナの練習をしました(詳細は別のページにあります)。
ある程度、読み書きできるようになってから、つぎのドリルをさせました。
かんたんに解けるので、読み書きの練習にちょうど良かったですね。

1年生の文しょうの読解

その後、息子の後追いをしようと思いました。

はじめての論理国語 小1レベル
1年生の文しょうの書きかた

国語は問題なく解いていました。

5歳の娘の進度(親塾2〜5か月)

息子と同様に、算数に特化させました。
そして、計算問題だけを先行させようと「わり算の筆算」まで教えたところで、Z会グレードアップ問題集(小1)、最レべ(小1)を解かせました。

グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形
グレードアップ問題集小学1年算数 文章題(飽きたので途中で放棄)
最レベさんすう問題集小学1年―段階別

「図形、数と規則性が壊滅的にできない」もありましたが、それ以外のところは「解けることは解ける」「文章がややこしい文章題もふつうに解く」。

しかし、まだ小さくて「集中力が途切れる」「適当に答える」などがあったため、効率や効果は考えず、自由にさせることにしました。
まとめると以下です。

<早期教育をはじめて、5ヵ月>
・計算問題、小4範囲
・Z会グレードアップ問題集 計算・図形(小1) → 終了
・Z会グレードアップ問題集 文章題(小1) → 半分ほど(塩漬けの予定)
・最レべ(小1)→ほとんど終わったものの、方針の変更でストップ
・教科書ドリル(数・量・図形) → これで勉強
・漢字(小1レベルは半分ほど)


5歳の娘も予習シリーズ4年をはじめる(親塾をはじめて半年間)

図形は壊滅的にできていませんでしたが、何もしていないのに、すこしはできるようになっていました。
脳が発達したようです。
それに加えて最レベさんすう問題集小学1年―段階別も、スラスラと解くようになったので(解けないところもあります)、予習シリーズ4年上を教えはじめました。
ただ、息子のときとはちがい、当面は「必須例題」「類題」「基本問題」のみを考えています。

で、第四回まで終わりました。
つぎの植木算に入る前に、前段階として「基数と序数」を自作問題を使って教えています。

(例)
1.Aくんは前から5人目。Aくんの後には5人いる。何人の列?
2.Aくんは前から5人目。Aくんから数えて5番目が最後の人。何人の列?
3.Aくんは前から5人目。Aくんの次のひとから5人目が最後の人。何人の列?
4.Aくんは前から5人目。Aくんと最後の人の間には5人いる。何人の列?
5.33人いる。Aくんは前から8番目。BくんはAくんから数えて15番目。Bくんは後ろから何番目?

それ以外にも、今後、学習するときに必要な単位あたりの自作の計算問題などもさせています。
また、単位などに不安があったり、性格的な問題なのかそれ以外の問題なのかわかりませんが、案外ひっかるところがあったので、つぎの問題集を使っていくことにしました。

グレードアップ問題集小学2年算数 計算・図形
最レベさんすう問題集小学1年―段階別
最レベ算数問題集小学2年―段階別
※ただし、最レベは「ここは勉強させよう」と思ったページのみ小テスト風にして解かせていました。


子どもたちの進度(半年から1年のまとめ)

親塾をはじめた当初は、中学受験は懐疑的でした。
しかし8か月目に、現実を知って、本気で中学受験に取り組みはじめました。
その頃の話です。

中学受験の本格化!国語にも着手しはじめる(親塾をはじめて8か月)

わたしの眼の手術に加えて、子どもたちは毎週のように風邪を引き、勉強は思うように進みませんでした。
そのような中、ふとしたきっかけで大学受験を調べたのですが、うちの立地では中学受験しないと大学受験でかなり不利だと知りました。

本気で中学受験に取り組むことにしました。

とはいっても、国語の勉強も本格化させるだけですが、国語の勉強時間だけ算数の先取り学習の時間が削られるので、算数の先取り学習の計画もあわせて変更しました。

ちなみに、今の進度は以下です。

<算数>
・予習シリーズ4年下の練習問題があと数問。予習シリーズ5年上の第1回の基本問題まで終了。

<国語> ・教科書レベルのドリル(小1)からのやりなおし


ゆっくりと予習シリーズ4年上は進み、国語の勉強もはじめる(親塾をはじめて8か月)

予習シリーズ4年上の植木算も終わり、小数(1)、分数(1)も基本問題だけですが終わりました。
小2の息子に国語も本格的に教えはじめたので、ついでに娘にも国語のドリルを解かせています。

中学受験を攻略のトップページ