低年齢からはじめる中学受験対策。家庭学習で使われている算数の問題集

中学受験の対策として、小3あたりまで公文式、小3あたりから大手塾に通わせるのが主流のようです。
ただ、なかには小3あたりまで家庭学習をしている家庭もあります。
どのような算数の問題集を使って家庭学習しているのでしょうか。
ネットで情報収集しつつ、子どもたちで試した結果も交えて、紹介していきます。

<目次>
1.難関中学を目指す場合の定番の問題集(算数)
2.「Z会グレードアップ問題集」と「最レベやトップクラス問題集」の詳細な比較(小1の算数)
2−1.どちらを買うべきか?
2−2.難易度
2−3.使いやすさ
2−4.到達点
2−5.個人的な見解
3.公文式に通わせている場合の家庭学習(算数)
4.低年齢からできる立体図形と平面図形(算数)


難関中学を目指す場合の定番の問題集(算数)

難関中学を目指す場合の定番の問題集は、以下です。

<奨学社>
・最レべ
・ハイレベ

<文理>
・トップクラス問題集
・トップクラス問題集(徹底理解編)

※同じような問題集なので、これらのうち1冊で十分です。どのように違うのかは後述します。

ただ、学校教育しかしてこなかった子どもには、かなり難しくて、親が教えたとしても身にならないと思います。
そこで、つぎのように、じわじわと難易度をあげていくといいでしょう。

<難易度が低い順>
1.教科書ドリル
2.Z会グレードアップ問題集
3.最レべ、トップクラス問題集など

上記1。
書店にさまざまな種類のドリルがあるので立ち読みして良さそうものを買うといいでしょう(どれでもいいです)。

5〜6歳 ひきざん(学研)
6歳 ハイレベル たしざん ひきざん
教科書ドリル たし算 小学1ねん

上記2。
Z会グレードアップ問題集は、教科書レベルのドリルを解いたあとだと、ちょうどいい難易度です。
しかも、計算・図形は、良問ぞろいで、子どもの実力もあがると思います。
ただ、文章題のほうは、あまりよくないというレビューもありますし、娘も途中で飽きてしまいました。

グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形(小1)
グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形(小2)
グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形(小3)

グレードアップ問題集小学1年算数 文章題(小1)
グレードアップ問題集小学1年算数 文章題(小2)
グレードアップ問題集小学1年算数 文章題(小3)

上記3。
奨学社の「最レべ」「ハイレベ」、文理の「トップクラス問題集」「トップクラス問題集(徹底理解編)」があります。
何が違うのでしょうか。
「難易度」です。

<難問が多い>
・最レベ、トップクラス問題集

<上記に比べると難問は少ない>
・ハイレベ、トップクラス問題集(徹底理解編)

低学年で難問に固執する必要はありませんし、トップクラス問題集(小3)の難問は小4以降で塾で習うものも多いので(いわゆる受験算数の論点)、使いやすそうなハイレベがお勧めです。

前述したように難易度がちがうだけなので、それぞれの学年で、いずれか1冊で構いません。

<ハイレベ>
ハイレベ100小学1年さんすう
ハイレベ100小学2年さんすう
ハイレベ100小学3年さんすう

<トップクラス問題集(徹底理解編)>
トップクラス問題集さんすう小学1年―中学入試をめざす 徹底理解編
トップクラス問題集さんすう小学2年―中学入試をめざす 徹底理解編
トップクラス問題集さんすう小学3年―中学入試をめざす 徹底理解編

<最レベ>
最レベさんすう問題集小学1年―段階別
最レベさんすう問題集小学2年―段階別
最レベさんすう問題集小学3年―段階別

<トップクラス問題集>
トップクラス問題集さんすう小学1年―中学入試をめざす
トップクラス問題集さんすう小学2年―中学入試をめざす
トップクラス問題集さんすう小学3年―中学入試をめざす

ちなみに、以下に「Z会グレードアップ問題集」と「最レベやトップクラス問題集」の詳細な比較(小1の算数)があります。


「Z会グレードアップ問題集」と「最レベやトップクラス問題集など」の詳細な比較(小1の算数)

「ハイレベ」「最レべ」「トップクラス問題集(徹底理解編)」「トップクラス問題集」は、それほど大きな差はありません。書店で立ち読みをして、好みのほうを選ぶといいでしょう。個人的にはハイレベがお勧めですが。
※便宜上、以下より、「ハイレベ」「最レべ」「トップクラス問題集(徹底理解編)」「トップクラス問題集」は、「最レベやトップクラス問題集など」と言います。

では、「Z会グレードアップ問題集」と「最レベやトップクラス問題集など」は、どちらを選ぶといいのでしょうか。
実際に子どもに解かせた経験をもとに、詳細に比較してみました。

どちらを買うべきか?

「Z会グレードアップ問題集」と「最レベやトップクラス問題集」のどちらを買えばいいのでしょうか。

・時間があればZ会グレードアップ問題集、最レベやトップクラス問題集などの両方(ダブる部分もありますが、思考力をつけるのにいいと思います)
・時間がないのなら、Z会グレードアップ問題集のみ

ただ、両方とも算数の土台固めには向いていません。
土台固めのために、先に、計算を繰り返し解くタイプのドリルから解かせたほうがいいでしょう。
また、最レベやトップクラス問題集などで難しいのは文章題と初見の問題なので、国語の力も、ある程度、必要です。

難易度

「Z会グレードアップ問題集」と「最レベやトップクラス問題集」の難易度は、以下です。

最レベやトップクラス問題集など > Z会グレードアップ問題集

小1で難問をつくるには文章題をひねるか、先取りするしかありません。
ひねりも先取りも小3あたりになれば、かんたんな部類にはいると思います(小3まで鍛えていれば、の話)。
よって、難易度はさほど重要ではない、すなわち、難易度はZ会グレードアップ問題集で十分だと思います。

ただ、小さなころから思考力を鍛えたいと考えているのならば、最レベやトップクラス問題集などのほうがお勧めです。かなり鍛えられると思います。

ちなみに、子どもを見ていると、Z会は満点近いときが多かったのですが、最レベのハイレベル、最高レベルは30〜80点くらいです。最レベの点が低いのはすべて文章題、初見の問題に起因していて、子どもは面白いほどひっかかります(だからこそ、子どもには最レべが最適でした)。

使いやすさ

「Z会グレードアップ問題集」と「最レベやトップクラス問題集」の使いやすさの比較です。

最レベ < Z会グレードアップ問題集

Z会の通信講座を申し込みそうになるほど、使いやすいです。
最レべは分厚いのですこし使いにくいです。

到達点

「Z会グレードアップ問題集」と「最レベやトップクラス問題集」の到達点の比較です。

最レベやトップクラス問題集など > Z会グレードアップ問題集

最レベやトップクラス問題集などのほうが頭を使う問題が多いので、到達点は高くなります。
ただ、小1、小2の到達点はあまりアテにならないので、中学受験の対策として考えれば「さほど変わらない」となると思います。
とはいえ、大手塾への入塾が目的なら最レベやトップクラス問題集などのほうがいいかもしれません。

個人的な見解

・小1では、1桁の計算など、土台固めが最優先。つまり、教科書レベルのドリルを優先。
・小1の難問は小3になればかんたん。難易度にこだわる必要はない(たとえば、小2、小3になってから、最レベやトップクラス問題集の小1の難問を解かせたほうが効率的かもしれません)

しかし――。

・学校レベルだけだと、かんたんすぎる
・そこで、まずは、Z会グレードアップ問題集。これだけで十分。
・もっと思考力を鍛えたい…詳しくいうと文章から条件を正確に見つけだす力、初見の問題でも対処できる力をつけたいときは、最レベやトップクラス問題集などを利用。

公文式に通わせている場合の家庭学習(算数)

公文式では計算問題しかしないので、家庭学習では思考力を問われる問題集を解かせるといいでしょう。
具体的には、Z会グレードアップ問題集と最レベやトップクラス問題集などです。

■Z会グレードアップ問題集

グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形(小1)
グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形(小2)
グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形(小3)

グレードアップ問題集小学1年算数 文章題(小1)
グレードアップ問題集小学1年算数 文章題(小2)
グレードアップ問題集小学1年算数 文章題(小3)

■ハイレベ、トップクラス問題集 徹底理解編、最レベ、トップクラス問題集のどれかを選択

ハイレベ100小学1年さんすう
ハイレベ100小学2年さんすう
ハイレベ100小学3年さんすう

トップクラス問題集さんすう小学1年―中学入試をめざす 徹底理解編
トップクラス問題集さんすう小学2年―中学入試をめざす 徹底理解編
トップクラス問題集さんすう小学3年―中学入試をめざす 徹底理解編

最レベさんすう問題集小学1年―段階別
最レベさんすう問題集小学2年―段階別
最レベさんすう問題集小学3年―段階別

トップクラス問題集さんすう小学1年―中学入試をめざす
トップクラス問題集さんすう小学2年―中学入試をめざす
トップクラス問題集さんすう小学3年―中学入試をめざす

低年齢からできる立体図形と平面図形(算数)

幼少のころから、積み木やパズルで遊ばせるといいと言われています。
具体的には、何で遊ばせばいいのでしょうか。
個人的には、マグ・フォーマーがおススメです。

マグ・フォーマー 90ピース

それ以外にも「点描写がいい」とも言われています。
図を描いていくだけなので、低年齢でも練習させることができます。

天才ドリル 平面図形が得意になる点描写 線対称
天才ドリル 立体図形が得意になる点描写

平面図形は、つぎの本を使っているひともいます。
わたしも買いましたが、ほとんど使っていません。

おりがみで学ぶ図形パズル

中学受験を攻略のトップページ