中学受験のトップ層の研究

中学受験のトップ層の情報をネットとリアルの両面で集めています。ここではそれをまとめています。
※トップ層といっても、さまざまなかたがいます。ここで紹介しているのはごく一部です。また伝聞などもあります。あらかじめご了承ください。

<目次>
1.中学受験のトップ層に関するあれこれ
1−1.トップ層の言う「低年齢のときには勉強はさせていない」は本当か?
1−2.トップ層の親の熱量は相当なもの
1−3.トップ層の子どもに、ふつうの子どもも絶対にいる!

2.中学受験のトップ層の勉強法
2−1.幼少のころから教養と称して勉強させる
2−2.トップ層は、低学年の勉強はどうしているのか?
2−3.トップ層は、早期教育で国語を鍛えている
2−4.トップ層は、高学年でどの程度勉強に関与しているのか?
2−5.トップ層の勉強法がアテにならないケース

3.ふつうの親がトップ層を目指すための戦略
3−1.早期教育は国語の先取り学習と相性がいい理由
3−2.算数の計算問題も親が教えられる!
3−3.ふつうの親がトップ層を目指すとき、できること。

4.トップ層になるための情報のうち「有るもの」と「無いもの」
4−1.子どもの性格による扱い方のちがい
4−2.トップ層の勉強時間は、ネットではなかなか出てこない
4−3.教育虐待に関すること


中学受験のトップ層に関するあれこれ

中学受験のトップ層に関するあれこれです。
ネットとリアルの両面で調べていますが、その結果わかったことをまとめています。
あくまでわたしが調べた範囲なので、あしからず。

トップ層の言う「低年齢のときには勉強はさせていない」は本当か?

トップ層の親には、つぎのようなことをしてきたと言っているかたたちがいます。

・幼少のころからの読み聞かせ
・幼少のころから単位などのウンチクを話す
・幼少のころから読書をさせる(絵本など)
・幼少のころから算数と関連が深いパズルをさせる
・幼少のころから歴史漫画を読ませる
・幼少のころからの公文式や算数塾(勉強ではなく習い事の範ちゅうだそうです)

これらのことをすべて「教養や習い事であって勉強ではない。低年齢では勉強させていない」と言うかたたちがいます。

しかし、わたしにはすべて勉強としか思えません。
実際、これらのことはすべて小学校、塾などで勉強しますから。
※公文式や算数塾ですることは小学校や塾でも学習するので勉強の範ちゅうに入ると思います。

ここで、仮にトップ層の親が教養と称していることをすべて勉強と考えると、トップ層は子どもが幼少のころから、膨大な時間を勉強させていることになります。
そして、トップ層の言う「低年齢のときには勉強はさせていない」は大嘘と考えたほうがいいことになります。

みなさんは、どのように思われますか?

トップ層の親の熱量は相当なもの

つぎのようにしているトップ層の親がいます。

・日常生活でも常に教養という名の勉強をさせる
・旅行でも勉強させる。
・旅行先も勉強になるところを選ぶ(例:古戦場など)
・細切れ時間で勉強させる
・起きている間はずっと勉強の勢い

こういうことを3歳あたりから、ずーーーっと、継続し続けているわけなので、相当な熱量だといえます。

でも、ほとんどのひとには、この熱量はありません。
トップ層の親に憧れているひとのなかでも1%も実行していないでしょうし、実行したひとのなかでも挫折せずに継続しているひとはほとんどいないのではないでしょうか。

トップ層の親の学歴に対する熱量は相当なものだといえます。

ただ、中学受験は親だけではないので、親だけがあまりに熱くなりすぎたら、子どもが…とも思いますが、それは別の話なのでこの辺にしておきます。

ちなみに――。

つぎの2つを混同しているひとを散見します。

・トップ層の親は教育熱心
・親が教育熱心だとトップ層

前者は正しくて(※)、後者は間違っていますよね。
後者は正しくは「親が教育熱心だとトップ層になれるかもしれない」です。

※もちろん例外もあるとは思います。たとえば「子どもが自ら勉強するケース」。
ただ、例外を語っても意味はありません。
それに、その例外でさえ、「塾に通わせることなく、その辺の書店にあるドリルを解かせているだけでは、偏差値60を超えるのですら厳しい状況」なのに、「親は教育に無頓着で塾にも通わせないのにトップ層」は不可能だと思います。
予習シリーズなどの塾のテキスト、最レベ、トップクラス問題集などを解かせていれば偏差値60以上にもなるでしょうが、これらのものを、ふつうは子どもだけでは勉強できませんし、「子ども自らバイトして書店に行って買ったの?」と思います。

トップ層の子どもに、ふつうの子どもも絶対にいる!

「トップ層=神童」と思うかもしれませんし、わたしも親塾をはじめるまで、そう思っていました。
しかし――。

「小2で、予習シリーズ5年(算数)で勉強している」
「年長で、予習シリーズ4年(算数)で勉強している」

どう思います?
昔のわたしならば、神童だと考えていたと思います。

実は、これ、うちの子どもたちです。
残念ながら、うちの子どもたちは神童ではないと思います。
単に、わたしの教えるスキルが高くて(自分で書いてしまってすみません)、低年齢でも難しいことを習得させられるだけです。

中学受験では子どもはまだ発達の途上です。早熟が有利、すなわち、ふつうの子どもでも早熟で教えかたが上手な塾講師に当たれば、トップ層になれる可能性があるのではないか、と考えています。

確かに、算数のセンスがずば抜けてあって、「小3で、偏差値60の中学の入試問題を解く(算数)」になった子どももいると思います。
しかし、トップ層はそういう子どもばかりではないと、わたしは考えています。

中学受験のトップ層の勉強法

中学受験のトップ層はどのような勉強法なのでしょうか。情報収集していますが、ここではそれをまとめています。

幼少のころから教養と称して勉強させる

幼少のころから、つぎのようにしてきたトップ層の親がいます。

・読み聞かせ
・単位などのウンチクを話す
・読書をさせる(絵本など)
・算数と関連が深いパズルをさせる
・歴史漫画を読ませる
・公文式や算数塾

教えるものは大人にとっては、かんたんなものばかりです。
これでトップ層になれるかもしれないと思うと、お得だな、と思いませんか。
ただ、継続するのは難しいかもしれませんし、これだけしていればトップ層になれるわけではないと思いますが。

トップ層は、低学年の勉強はどうしているのか?

つぎのようにしている親は、よく見かけます。
小3で「小6までの計算問題および漢字終了」なので、結構な先取り学習ですよね。

・入塾(小3)までに小6までの計算問題は終わらせる
・入塾(小3)までに小6までの漢字は終わらせる

逆に、小6までの計算問題が終わっていない状況で、最上位のクラスに入った子どもが苦労していると書かれている記事を見かけることがあります。
ほかの塾生は、小6までの計算問題を終わらせているとも書かれているので、これは真実なのでしょう。

ただ、上記だけで、小3、小4の模試で全国で上位をとるのは容易なことではありません。

「トップ層の親は、言わないだけで、低学年から現学年の応用問題をガンガンに解かせている。なかには先取り学習させている親もいるんじゃないのかなー」が、わたしの感想です。

トップ層は、早期教育で国語を鍛えている

小2の息子、トップクラス問題集 徹底理解編(小1)の読解で苦戦しています。具体的には、記述のところで、1〜3問、かならず不正解になります。
で、解説するために、わたしも読むのですが、息子がひっかかる問題は、前後の文に答えがあって抜き出すだけのようなものではありません。

「原因と結果」などを把握していないと、解けないような問題です。

「これ、本当に小1でも解けるの? 中学年レベルじゃないの?」と思いました。

しかし――。

年長の娘にはハイレベ(小1)を解かせていますが、小学校に入学するころには息子が苦戦している問題も難なく解くだろうな、と思います。 つまり、現学年だけではなく、1学年先、2学年先でもトップレベルの問題も軽く解く小1もいて、それが低学年におけるトップ層なのだろうな、と思いました。

早期教育で、すでに国語力に大きな差ができています。

「低年齢の子どもに読解をさせても脳科学の見地からみて無駄だ」

このように言っている間に、トップ層とはぐんぐん差が開いていくのかもしれないな、と思いました。

ちなみに、「もうトップ層に追いつけないのでは…」と思う必要はありません。

このまま何もせず、小3などになると追いつくまでにかなり大変でしょうが、小2あたりまでだとまだまだ十分に追いつけます。
なぜそう言い切れるのかというと、当サイトをご覧になるとわかりますが、短期間で学力を向上させているためです(算数ですが)。

国語は、読書させたり、漢字や言葉を覚えさせたりするだけでも、低学年ではかなりのレベルになるので、市販本のトップレベルの問題から鑑みて、早期教育でみっちり鍛えられている子どもは結構いるのかもしれませんね。

トップ層は、高学年でどの程度勉強に関与しているのか?

親が不正解の問題をまとめてプリントをつくるなど、子どもの勉強の管理をするのは当たり前のようです。なかには親が塾講師並みに過去問を解いている親のブログもありました。
ただ「トップ層は成績が優秀なので親がすることはない」も見かけたことがあるので、本当のところはまだわかっていません。

トップ層の勉強法がアテにならないケース

年長の娘。
マグ・フォーマーで何かをつくれるようになりましたし、算数のセンスがそれなりにある小2の息子よりも折り紙が上手です。
トップ層の勉強法に「幼少のころにパズルや折り紙をさせよう! 図形が得意になるよ!」があるようなので、娘、図形もできると思いきや…。

まったく、できません。
つい最近だと、定規をあてて実際に見せても同じ角度だとわかりませんでしたし。

うちの娘だけではありません。
親塾をはじめた当初、とあるブログに、パズル、点描写などですかね。「早期教育してきたのに、小4で180度がわからなかった」とありました。

ウソだろ?
そう思いますよね。
が、娘を見ていると「あるある」だろうな、と。
何より、中学生で数学ができない子どもたち、娘や先ほどの小4と大差ありません。同じレベルです。
※本人が努力しなかったわけではありません。先生や塾講師の腕が悪くて教えかたが悪かっただけだと思います。

「センス」

確実にあります。

というわけで、本題。
中学受験のトップ層の子どもって、たいてい、算数小僧ですよね。
そういう子どもは、算数のセンスがずば抜けてあります。
小2の息子は現状では、「それなりに」センスがある程度ですが、それでも補助線を自分で引くことが多いですし。

算数のセンスがある子どもと、センスがない子ども。

同じ教えかただと思います?
というわけで、センスがそれなりにある息子と、センスがない娘は教えかたがちがいます。
鍛えるところ、鍛えかたも、思っていた以上に、ちがいました(娘には「根本」を執拗に教える感じでしょうか)。
センスがない子どもに、センスがある子どもと同じような勉強をさせてもなーと思っています。
逆をいえば、子どもにセンスがあればトップ層の勉強法も参考になると思いますが。

ただ――。

勉強は「勉強時間」の勝負です。
量より質と主張しているかたたち、大前提として量を確保できていますし(1日5分の勉強で東大に合格できます?)。
幼少のころから勉強させることで、高学年あたりで長時間でも質が高い勉強ができるようにする、という意味では、何でもいいので勉強させることが大切だよな、とは思っています。
長時間でも質が高い勉強ができるようなると、ペーパーテストなら何でもできるようになると思いますし。

ふつうの親がトップ層を目指すための戦略

わたしは、トップ層にもふつうの子どももいると思っています。そこで、ここではふつうの親がトップ層を目指すための戦略を書いています。

早期教育は国語の先取り学習と相性がいい理由

早期教育は国語の先取り学習と相性がいいです。

国語は教えやすい

国語は教えたことがないので、算数のほうが国語よりも教えやすいと思っていました。
しかし、実際に教えてみると、低年齢の子どもに限っていえば、算数よりも国語のほうが圧倒的に勉強させやすい、先取り学習しやすいと思いました。
大人が思う以上に、小さな子どもは常識レベルのことがわかっていなくて、教えるべきことが、かんたんなためです。
※たとえば「切手とは何か」の説明をする感じです。

トップ層はガンガンに国語を教えている

「常識レベルのことだと子どもが成長してからでもいいんじゃない?」と思うかもしれません。
小学校で、切手などの常識的なものは教えてくれるので、わざわざ親が教える必要はないと感じるのも無理はないと思いますが、すべてではありませんが、トップ層の親は「教養」として、ガンガンに国語を勉強させています。そしてその国語の先取り学習がうまく機能しています。

国語ができれば世界が広がる

国語ができれば、昆虫に興味を持てば図鑑を読めるようになります。物語に興味を持つと小説も読めるようになります。
世界が広がります。
何より、当サイトにあるように低年齢にうちは国語を勉強しないと算数でひっかかります。 わたしはこれに気が付いていなかったのですが、算数の先取り学習をはじめて、ようやくわかりました。

というわけで、教えるスキルがなくても教えられる国語をしっかりと教えるといいと思います。

算数の計算問題も親が教えられる!

算数をきちんと教えられる親はほとんどいません。
しかし、計算問題は教えられると思います。
確かに、教えかたによって習得するまでの期間は変わりますが、どのような教えかたでも計算を解かせているうちにできるようになります。
計算問題を教えるといいでしょう。

ふつうの親がトップ層を目指すとき、できること。

ふつうの親がトップ層を目指すとき、できることをまとめました。

・国語の漢字、熟語
・低学年の国語の読解、作文
・算数の計算問題

これらだけでは足りません。
あとは大手塾に通わせたり、算数塾に入れたりするといいでしょう。

トップ層になるための情報のうち「有るもの」と「無いもの」

いろいろと調べて実際に子どもたちに教育しているうちに、トップ層になる方法のうち「有るもの」と「無いもの」があることに気が付きました。

<有るもの>
・定番の問題集や参考書
・勉強のさせ方(管理方法)
・塾の選び方
・模試などの受けさせ方
・その他

<無いもの>
・子どもの性格による扱い方のちがい
・勉強時間(拘束時間も含む)
・教育虐待に関すること

ここでは「無いもの」に着目します。

子どもの性格による扱い方のちがい

小2の息子は、言えば勉強します。
従順です。
一方、年長の娘は、つぎの感じです。

・歌って踊るのが大好き
・移り気(お手紙を書いていたかと思えば、人形で遊び始めて、それもすぐに…という感じ)
・起きている間、ずーっと話している
・勉強大嫌い
・わからないふりをする
・すぐにキレる
・すぐにサボろうとする
・怒っても効果がない
・特に計算問題はすぐに忘れる

息子と娘では扱い方を変えていますし、勉強法も変えつつあります。
このような「性格による勉強への取り組ませ方のちがい」の話はありません。
というわけで、トップ層の勉強法を、うのみできないわけです。

トップ層の勉強時間は、ネットではなかなか出てこない

ネットで、トップ層(低年齢)の勉強時間を見たことがありません。
話を聞いても、かならず「時間が長くても仕方がない(質が大切)」という話にすり替えられます。
なぜ、勉強時間が公にされないのでしょうか。
以下だと思っています。

・ただでさえ「オレ、勉強しなかったんだよねー → テストで満点」という世界
・「勉強時間は長い。だから勉強時間を公にすると叩かれる、公開するのをやめる」を繰り返している
・勉強漬けなのにそれを自覚していない親がいる(教養や習い事は子どもにとって負担だと気が付いていない)。

勉強時間だけは目安にできるものがないので、自分で決めるしかないようです。

教育虐待に関すること

「トップ層」と「勉強量が多いこと」は切り離せません。
まともな親だと「これだけ勉強させて大丈夫だろうか…。教育虐待ではなかろうか…」と考えると思います。
が、中学受験、教育虐待の記事は、釣り記事、悪質な記事が多いのですよね。
たとえば――。

「前に教えただろ!」「何回言ったらわかるんだ!」とキレていませんか?
それは教育虐待です。
Aさんのケースを紹介します(リアルな教育虐待のケース)。

この構成は以下です。

・あるあるで、ドキッとさせる
・あるあると教育虐待は関係がないのに、「あるある=教育虐待」と決めつける
・レアなケースをさも一般のごとく扱う

別のことで、この構成を適用すると以下。

あなたの子どもは、ゲームやマンガばかりではないですか?
このままだと犯罪者になってしまいます。
Aもそうでした(リアルな犯罪者)

ほかにも以下。

目まいや立ちくらみはありませんか?
それは脳梗塞です。
Aさんのケースを紹介します。

子どもに関することなので、教育ではこういうことはやめてもらいたいですけどねー
良心がないのでしょうね。

というわけで、トップ層の親も「これだけ勉強させれば教育虐待になるかも…」とビクビクしながら教えていると思いますが、どのレベルまでなら大丈夫だったのかの情報はありません。

中学受験を攻略のトップページ