適切な問題集の選びかたと使いかた

「みんなが最レべをしているから、うちも!」

ほかのブログを読んでいるとそう思ってしまいますが、実のところ、適切な問題集を解かせないとまったく効果がでません。
下手をすると、勉強するだけ無駄になります。
どのような問題集を選べばいいのでしょうか。

<目次>
1.子どもにとって適切な難易度の問題集を選ぼう
2.何でつまづいているのか突き止めて適切な問題集を選ぼう


子どもにとって適切な難易度の問題集を選ぼう

一般的に、つぎの3人がいたら、「Aくんは時間の無駄」「Bくんが理想」「CくんとDくんは問題」です。

・Aくん:すばやく解いた。全問正解
・Bくん:すばやく解いた。7、8割正解
・Cくん:制限時間ぎりぎり。5割正解
・Dくん:制限時間では解けなかった。4割正解
※計算問題、暗記などは除きます。

Aくん。
問題集を解くことで得られたものは「わかっていることを確認できた」だけなので、「問題集を解いた時間がもったいなかった」といえます。
難易度の高い問題集をさせましょう。

Bくん。
問題集を解くことで「何が穴なのか」わかった、つまり、得られるものがあったので、この問題集を解いて正解でした。
不正解の問題の解きなおしをさせて、つぎは正解にするようにしましょう。

Dくん。
Dくんにとっては、問題集が難しすぎたので、学習効果はなかったと思います。もうすこし難易度が低い問題集をさせたほうがいいです。

問題はCくんみたいな子です。
Cくんの親は「不正解の問題を解きなおしさせれば大丈夫」と思ってしまい、Bくんと同じようにしてしまうことが多いためです。
しかし、実際は図や解法を丸暗記しているだけで、しのいでいる可能性があります(詳しくは下記にて)。
一段階、難易度が低い問題集をさせるようにするといいでしょう。

なぜ、つまづいているのか、原因を突き止めて適切な問題集を選ぼう

問題集を解かせたとき、つぎのような状況だったらどうしますか。

<1周目>
・Eくん:5割正解
・Fくん:4割正解

<2周目>
・Eくん:7割正解
・Fくん:6割正解

2周させてもまだ全問正解ではないので、全問正解するまで何回も解かせるかもしれませんが…。

ちょっと待ってください。
実は、このようなケースは、たとえば、つぎのような可能性があります。

・そのテーマだけではなく、ほかに何かわかっていないことがある可能性
・図や解法を丸暗記している可能性

うちの息子にもありました。

Z会の算数ドリル、一部の問題だけ、めちゃくちゃ時間がかかっていて不正解。
解きかたや考えかたを教えたら、2周目はできるようにはなりました。
しかし、追求したら、図や解法を丸暗記していただけでした。
そして、実は「国語」に問題があることがわかりました。
徹底的に国語を鍛えた結果、Z会の算数ドリル、サクサク解けるようになりました。

国語がボトルネックだったわけですね。

話を戻します。
よほど難しい問題ではない限り、本当に理解していれば、3周目、4周目とはならないものです。
つまり、EくんやFくんのような場合、理解していなくて、正解と考えかたを丸暗記している可能性が高いわけです。
これの何がいけないのかというと「丸暗記なのですぐに忘れてしまう」可能性が高いことです


というわけで、なぜ不正解なのか徹底的に調べて、そこを鍛えられる問題集を解かせる必要があります。

トップレベル問題集を利用している親にいそうなのが、下記。

解くのに時間がかかっても、不正解がたくさんあっても、「正解や考えかたを教えるだけで先に進める → 時間をおいてやりなおしをさせる → 解けたから、やはり先に進ませて正解だったと思う → でも実は子どもは丸暗記しているだけだった」のパターン

わたしの妄想ですけどね。

中学受験を攻略のトップページ