小2に、予習シリーズ5年下で算数を教えている話

小2に、予習シリーズ5年下で算数を教えています。その経過です。

<目次>
1.今までの経過
2.予習シリーズ5年下のそれぞれの項目について
2−1.第1回「比(1)」の必修例題、類題、基本問題
2−2.第2回「比(2)」の必修例題、類題、基本問題
2−3.第3回「平面図形と比(1)」の必修例題、類題、基本問題
2−4.第4回「平面図形と比(2)」の必修例題、類題、基本問題
2−5.第6回「速さと比(1)」の必修例題、類題、基本問題
2−6.第7回「速さと比(2)」の必修例題、類題、基本問題
2−7.第8回「平面図形と比(3)」の必修例題、類題、基本問題
2−8.第9回「規則性に関する問題」の必修例題、類題、基本問題
2−9.第11回「速さと比(3)」の必修例題、類題、基本問題
2−10.第12回「流水算・通過算」の必修例題、類題、基本問題
2−11.第13回「仕事算」の必修例題、類題、基本問題
2−12.第14回「容器と水量」の必修例題、類題、基本問題
2−13.第16回「和と差に関する問題」の必修例題、類題、基本問題
2−14.第17回「図形の移動(1)」の必修例題、類題、基本問題
2−15.第18回「図形の移動(2)」の必修例題、類題、基本問題
3.予習シリーズ5年下の所感


今までの経過

今までの経過です。

・予習シリーズ4年の上下 → 必修例題、類題、基本問題、練習問題
・予習シリーズ5年上 → 必修例題、類題、基本問題のみ

ちなみに、ごく一部ですが、飛ばした問題もあります。

予習シリーズ5年下のそれぞれの項目について

予習シリーズ5年下が終わって少ししてから、この記事を書きました。詳細は忘れてしまったところもあるので、あらかじめご了承ください。

第1回「比(1)」の必修例題、類題、基本問題

以前、比を教えていたので、すんなりできるようになりました。
連比もすこし練習は必要でしたが、できるようになりました。

第2回「比(2)」の必修例題、類題、基本問題

以前、比を教えていたので、すんなりできるようになりました。
ちなみに、食塩水の問題を比で解く方法は、もっと学習が進んだあとに教えようと思っているので、飛ばしました。

第3回「平面図形と比(1)」の必修例題、類題、基本問題

子どもにとっては馴染みがないところなので、すこし時間がかかりました。
とりあえずできるようになったので、先に進みましたが、相似のあとに復習をしたら、相似とごちゃ混ぜになっていました。
自作の問題で対応しましたが、まだ理解が弱いので、今後、演習を通して理解を深めようと思っています。

第4回「平面図形と比(2)」の必修例題、類題、基本問題

とりあえずできるようにはなりました。しかし、前述の通り、復習で第3回に戻ると第3回とごちゃ混ぜになっていました。
あとは、相似かどうかわからないのに、相似だと決めつけることもあるので、今後、演習を通して理解を深めたいと思っています。

第6回「速さと比(1)」の必修例題、類題、基本問題

とりあえずはできるようにはなりました。ただ、ややこしいところなので演習が必要と感じています。

第7回「速さと比(2)」の必修例題、類題、基本問題

とりあえずはできるようにはなりました。ただ、ここも演習が必要と感じています。

第8回「平面図形と比(3)」の必修例題、類題、基本問題

それほど苦労はしませんでしたが、折り返しの問題で「なぜ相似なのか」を的確に言えないので、まだまだ演習が必要だと思います。

第9回「規則性に関する問題」の必修例題、類題、基本問題

必須例題1は自力で解きました。必須例題2と3は考えさせたあと解説して、わかったようです。必須例題4と5は時期尚早なので飛ばしました。

第11回「速さと比(3)」の必修例題、類題、基本問題

解説するとわかるのですが、時間を置いたら解けないだろうな、という感触でした。時計に関する問題も同様です。

第12回「流水算・通過算」の必修例題、類題、基本問題

流水算はイメージできたようですが、問題を解くとなるとうまく解けないこともありました。
通過算はふつうに計算すればいいだけなのですが、「速さ=比」と思いこんでいて少しだけ苦労しました。

第13回「仕事算」の必修例題、類題、基本問題

このころには、だいぶん比に慣れてきたようで、苦労なく進めることができました。

第14回「容器と水量」の必修例題、類題、基本問題

このころには、算数の思考力がかなりあがっていたので、かんたんに解いていました。ただ、計算力がなく、体積を求めるときの工夫もしないので、解く時間がかなり遅いのが今後の課題です。

第16回「和と差に関する問題」の必修例題、類題、基本問題

年齢算は自力で解いていました。それ以外も、すこし教えただけで、すぐにできるようになりました。

第17回「図形の移動(1)」の必修例題、類題、基本問題

自力では解けませんでしたが、解説したら解けるようになりました。ただ、演習不足です。

第18回「図形の移動(2)」の必修例題、類題、基本問題

円が内側を転がる場合と、外側を転がる場合など、解説すればわかるのですが、間違えることもありました。演習が足りないためでしょう。

予習シリーズ5年下の所感

必須例題と類題のあと、基本問題を解かせましたが、不正解の問題が多かったです。そのなかでも、速さと比の問題の出来がよくありませんでした。
また、基本問題を解かせたとき、たとえば「実は時計に関する問題を理解していなかった」のようなことが発覚することもありました。

単に理解が足りないというのもありましたし、今までの予習シリーズとはちがって、問題数も多くて手ごたえのある問題もあるので、苦戦したようです。

ただ、基本問題を繰り返し解かせることで解消しつつあります(今、基本問題を解かせています)。

中学受験を攻略のトップページ