小2に、予習シリーズ5年上で算数を教える!

小2の9月に、予習シリーズ4年の必修例題、類題、基本問題、練習問題をほぼ終えました。
年長の娘にも、予習シリーズ4年上の必修例題、類題、基本問題を解かせていますが、息子のときの予習シリーズ4年の記録が役立っているので、予習シリーズ5年も記録しようと考えました。
かつてのわたしと同じようなかたへ、そして低年齢で予習シリーズを取り組ませたいと思っているかたに向けて、何かの参考になればと思って、記事を書いています。

<目次>
(方針)予習シリーズ5年上の方針
1.予習シリーズ5年上 第1回「倍数と約数」
2.予習シリーズ5年上 第2回「平均に関する問題」
3.予習シリーズ5年上 第3回「多角形の性質」


予習シリーズ5年上の方針

予習シリーズ5年の上下の必須例題、類題、基本問題を終わらせて、その後、5年の上下の練習問題を解かせる予定です。
というわけで、ここにあるそれぞれの回の所感は、必須例題、類題、基本問題です。

予習シリーズ5年上 第1回「倍数と約数」

予習シリーズ4年の「倍数と約数」「等差数列など」が理解できているようで、必修例題と類題はほぼ自力で解きました。
基本問題も問題ありませんでした。

予習シリーズ5年上 第2回「平均に関する問題」

平均の概念はすぐに理解しました。
しかし、日本語でひっかりました。
たとえば基本問題1(1)のつぎの文章です。

「7日間、調べた。5個だった日は1日、15個だった日は3日、20個だった日は3日だった」

息子はこれを「×月1日は5個、×月3日は15個、20個」と解釈していました。
娘にも読ませたところ、同じように解釈していたので、低年齢特有のことだと思います。
予習シリーズ4年の練習問題レベルは、小2の国語の偏差値50ほどは必要だったので、5年はひょっとして小3の国語の偏差値50ほどは必要かもしれないですね。

予習シリーズ5年上 第3回「多角形の性質」

必修例題、類題は問題ありませんでした。
ただ、計算の感覚が育っておらず、応用例題に苦戦しました。具体的には、自力で解けない、解説してもピンときていない、でした。

中学受験を攻略のトップページ